宮崎市にあるデータセンターのアイコムティです。
ハウジング、ホスティングを中心としたサービスを提供しています。



HOMEインフォメーション新着情報・お知らせ ≫ 携帯公式サイト構築事業への参入について

携帯公式サイト構築事業への参入について

平成21年7月13日

各 位
アイコムティ株式会社

携帯公式サイト構築事業への参入について


インターネットの総合サービス会社であるアイコムティ株式会社(本社:宮崎市 代表取締役:水居 徹)は7月より携帯電話の公式サイト構築事業へ本格的に参入いたします。
当社はCMS(Contents Management System)を利用してシステムを構築するため、従来よりも短期間でのシステム構築が可能です。また、情報を入力する管理画面など運営する側のシステムも同時に構築できるため、開発コストを大幅に低減化できます。また、自社のインターネットデータセンターにサーバーを設置、サーバー運用からシステム運用までをトータルに行えることも大きな特長です。
すでに6月22日にスタートした宮崎日日新聞社の携帯公式サイトは当社のシステムにより運用されています。このサイトは有料課金サイトとしては県内初で、課金システムの組み込みも当社で行っております。
当社は携帯公式サイトを必要とする自治体や企業に対し、南九州地区を中心に営業を展開し、今年度(平成22年6月度)に5サイトの受注を計画しています。


携帯電話の公式サイトは各携帯電話会社(キャリア)の企画審査があり、各キャリアより承認されることにより公式サイトとなります。各キャリアが標準で提供するメニューより接続されるため、多数のアクセスが期待できるとともに、各キャリアのコンテンツ課金のシステムが利用できるため、メリットが大きいとされています。
公式サイトの企画審査はキャリアごとに差異があり、それぞれに企画書を作成する必要があります。また、公式サイトの作成にあたってもリンクの仕方などルールが細かく決められており、そのルールに適合させながら作成することが必要です。
当社はCMSを利用することにより、キャリアごとのテンプレートを作成することにより、審査対応がより容易になります。CMSによりパソコン向けの一般サイトも同時に構築できるため、開発コストを抑えることが可能です。

当社はインターネットデータセンターを保有し、システムを構築するサーバーを自社で運用するため、アクセスの急増など想定されるトラブルを事前に回避したり、運用上の変更に柔軟に対応したりすることが可能です。システムの構築からサーバー運用までトータルで対応できるのが当社の大きな特長です。

携帯電話でのインターネット利用は年々増加しており、すでにパソコンの台数より多く普及しています。近年、家庭に固定電話を持たない世代も増えており、携帯電話でネットにアクセスする層はこれから増加すると予想されています。
自治体や企業もインターネットでの情報提供がさらに進むと思われます。
[参考 総務省平成19年通信利用動向調査より抜粋]
平成18年末から大きく変化した点としては、携帯電話等の移動端末のみでの利用者が前年から304万人増加(同44.2%増)して992万人となる一方、パソコンのみでの利用者は158万人減少(同9.7%減)し1,469万人となった。



今後当社は、携帯サイトを必要とする企業や自治体に向けて営業を展開し、今年度(平成22年6月度)に5サイトの受注をめざします。

本件に関する問い合わせ先
アイコムティ株式会社 マーケティンググループ
宮崎市中央通4-7ケネディビル2F
電話 0985-61-1945 FAX 0985-61-1943
Email  sales@icomt.jp